どこで売るのかを決めましょう

ボトル

大都会東京には、酒を買取りしてくれるショップが多数あるので、まずはどこに売るのかを決めることになります。買取り金額はどこに査定してもらっても、大体同じくらいだと思う人もいるかもしれませんが、店により数倍評価額が違うということは珍しいことではありません。候補となる店は、フランチャイズ店と直営店に分かれることになりますが、直営店の方が高く査定してもらえるかもしれないです。というのもフランチャイズ店の場合、加盟料等を本部に払っていますが、これによりお酒の買取り値が下がってしまうことが予想できます。もちろん直営店よりフランチャイズ店の方が、査定額が高いこともあるので、一応の目安として把握して置くのがいいでしょう。

処分する方法を選びます

洋酒

東京にあるお酒買取り店が、どのような方法に対応しているのかは、実際に確認しないと分かりませんが基本的に方法は3つから選べます。まずは店舗買取りと言うのがあり、これは時間が空いてときにふらっとショップに行き、買ってもらえるのが魅力。次は指定の日時に自宅まで査定員にきてもらい査定してもらえるという、圧倒的楽さが特徴なのが、出張買取りになります。さらに宅配買取りという選択股が選べますが、好きな時間に集荷をかけて買取りできるので、自由度は一番だと言えるでしょう。

他のものを保管できるようになるでしょう

ボトル

価値あるお酒だと、捨てることができずに長期間保管場所を占領してしまうので、困っているという人もいるのでしょう。高級なお酒だと保管箱も大きく、また乱暴に保管することもできないので、思ったより場所を取ってしまいます。東京で活躍するお酒買取りショップにアルコール品を売ってしまえば、当然ですが、その保管場所に別なものを保管することが可能に。さらに部屋がスッキリするので、室内で過ごすときに気分が開放的になり、快適なひと時を過ごせるようになるのではないでしょうか。

現金をゲットできます

ボトル

お酒を売るとなると、買取り金額をゲットすることができ、それが一番の目的だという人も多いのではないでしょうか。東京には資産家やお酒のコレクターなどが多く、そのため高額買取りも期待できるので、売るには最適な地だと言えるでしょう。実際に東京では、ウイスキー1本50万以上やワイン1本30万以上などの査定額が付いていて、一回の取引で100万円を手に入れられることも。不要なお酒を売ったお金で、美味しいものを食べに行ったり欲しかったブランド品を購入したりすることも可能となります。売ってお酒はそれを欲しがっている人の手に新たに渡り喜ばれ、自分以外も人も幸せになるので、不要なお酒があれば買取り店を利用してみてください。

広告募集中